[ カテゴリー » ホームサービス部門 » リフォーム ]

八幡東区で、浴室塗装と手すりの取り付け

浴室のリフォーム事例をご紹介します、その2

前回の1.床の改修に続きまして

2.浴室全面塗装
3.器具の取替(シャワー水栓、浴室リモコン、手すり)

のご紹介です。:D


まずは改修前の「Before」
1


そして、「After」
NONALNUM-MSgyKQ-E



出入口横と、浴槽出入り用に手すりを設置し、

シャワーもサーモスタットエコ水栓に取替えました。

手すりの取り付けには壁の中に裏板等が必要ですが、

今回は、塗装前にしっかりと補強を入れさせて頂きました。


次は、天井の、「Before」
3



換気の穴なのか、テープでふさいでありました。

そして、「After」
NONALNUM-MygyKQ-E



せっかくの換気口を再生しました。

天井の色も明るいアイボリー系の色にしましたので、

ずいぶん、雰囲気が変わりました。;-)


お風呂のリフォームと言えば、ユニットバスですが、

1週間ほどの工事になってしまいます。

今回のような従来型の改修方法でも

きっとご満足いただけると思いますよ。

もちろん、ユニットバスへの取替えもご相談下さい。:)

トイレ・キッチン・お風呂の水栓金具・蛇口の修理、取替えは
八幡東区の水道屋さん 永久工業株式会社
Link
http://www.joy-water.co.jpLink

バスナフローレ、知ってますか?

浴室のリフォーム事例をご紹介します。

施工させて頂いた内容は、主に3つ

1.床の改修(段差付きモルタル床からバスナフローレ)

2.浴室全面塗装

3.器具の取替(シャワー水栓、浴室リモコン、手すり)

です。:D


まずは床、バスナフローレの施工をご紹介です。
2


工事前は、入口に15cmほど段差が付いた

コンクリートの床の上にスノコを引いていました。

まずは、段差を解消するため、新たにコンクリートを打ちます。
NONALNUM-MigyKQ-E


と、こんな感じになります・・・段差解消です。

同時に、壁際にあった排水口を移動させました。


床が十分乾燥するまで待ちます・・・


そしてバスナフローレ施工
NONALNUM-Mig0KQ-E


ユニットバスのような床となりました。


★バスナフローレの特徴

1.素足で触れてもひやっとしにくい
2.膝をついてもつらくない、発泡シートの衝撃吸収性
3.表面の微細な凹凸がすべりにくい
4.乾きやすいシート表面特殊加工
5.介護保険改修にも使えます
です。


現在の床の状態や、浴室の広さにもよりますが、

費用は工事費込みで6~9万円(税抜き)・・・八幡東区

お気軽にお問い合わせ下さい。

トイレ・キッチン・お風呂の水栓金具・蛇口の修理、取替えは
八幡東区の水道屋さん 永久工業株式会社
Link
http://www.joy-water.co.jpLink

和式兼用便器を洋式にするトイレリフォーム参考価格(2016年)

まだまだ和式兼用トイレは多いようで、
弊社のような小さな会社にも
介護改修を含めて、月に1~2件
トイレリフォームのご依頼があります。:D

先日、お客様にメールでお返事をした内容ですが、
和式洋式リフォームの参考までに
一部抜粋してをご紹介します。

和式洋式リフォーム参考価格:162,000円(税込)
※材料費、技術料込みの2016年7月現在の価格です。

参考価格での現場イメージとして

1.木造住宅のタイル壁・床の和式兼用便器で
2.段差の撤去部分のみ壁をパネル補修
3.床をCFシート仕上げ
4.給水菅補修の必要がなく止水栓の位置変更が極めて小さい
5.排水管の配管替えも写真のようであって
6.手洗い付のTOTO節水型洋式便器に
7.普通便座(ウォシュレットではない)を設置
8.紙巻器、タオルかけは既存を再使用
9.現場に駐車場がある北九州市内
以上のような想定です。

工事期間:2名で最低2日必要です。
そのため、丸1日はトイレを使用できません。:(

他にも、ウォシュレットや暖房便座を設置したり
手すりが必要であったり、
壁や床に大きな補修が必要であったり、
または、内装(壁・天井)をリフォームしたり
水道管の状態が大変悪く、配管替えが必要であったりと
実際に現場や、ご希望をお聞きしないと
何とも言えない工事ではあります。


以上、1室の和式兼用トイレを洋式にする工事について
参考費用のお知らせでした。;-)


トイレ・キッチン・お風呂の水栓金具・蛇口の修理、取替えは
八幡東区の水道屋さん 永久工業株式会社
Link
http://www.joy-water.co.jp/Link

和式兼用便器を洋式にリフォーム 2015年1月 その3

和式トイレ改修工事 その2

【新便器の設置】

P1160314


和式から洋式へリフォーム完成;-)



床をCFシート仕上げにするのが、一般的ですが

今回は、既存の排水口が使えるよう、モルタル仕上げとなりました。


【段差部の補修】

P1160315


和式兼用トイレをリフォームする際に、必ず問題となるのが、

旧段差部の処理です。f(--;

今回は、キッチンパネルで補修しました。


こちらの現場での気になる工事費は、

¥158,000(税抜)


介護改修の工事もさせて頂いておりますので、

お気軽にお問い合わせ下さい。:D

トイレ・キッチン・お風呂の水漏れ・詰まり・修理・リフォームは
北九州市八幡東区の水道屋さん 永久工業株式会社
Link
http://www.joy-water.co.jpLink

和式兼用便器を洋式にリフォーム 2015年1月 その2

和式トイレ改修工事 その2

【排便管の配管替え】
washiki3


和式トイレと洋式トイレとでは、排便管の位置が異なります。

そこで、壁から200mmの位置まで、管を移動させる作業です。



【床の補修と排水ソケット】
washiki4



今回、床はモルタル仕上げとなりました。



最後は、便器を据えつけます。:)

トイレ・キッチン・お風呂の水漏れ・詰まり・修理・リフォームは
北九州市八幡東区の水道屋さん 永久工業株式会社
Link
http://www.joy-water.co.jpLink

prev
2018.5
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31